融資を受けたことがありますか?〜賢い借り方返し方〜

銀行の貸し出し金利が低い現在、事業拡大の為に融資を利用して資金調達するチャンスといえます。また個人も住宅や車のような高額ローンを組むチャンスでもあります。

PAGE LIST
融資を受けたことがありますか?〜賢い借り方返し方〜
融資を受けたことがありますか?〜賢い借り方返し方〜

金利が低い現在融資のメリット

消費税率見直し法案が衆議院で可決されて、あと参議院での審議採決となりますが、消費税増税となるのはさけられない様子です。
社会保障と一体改革となるのと、低所得者への優遇措置など100%負担増という訳ではなさそうですが、ほとんどの人は増税分については負担増加となります。
周囲の状況についても円高が一向に収まらず、欧州危機も解消はまだ先のようすであり、中国の経済成長率も落ちてきている状態です。
いずれも株価や景気におおきな影響をあたえています。
また、この夏はいっそうの節電が必要で計画停電を避けるために、製造業も協力しなければなりません。
売上増加は難しい状況といえます。
しかしながらコンビニストアーの売上が小売業界で初めて3兆円を超えるなど、業績拡大している業種もあります。
どのような環境でも、工夫と努力、熱意により成長することができるのでしょう。
景気拡大のひとつの手段である、金融緩和は続いており銀行の貸し出し金利は下がっています。
事業の拡大や新規起業に投資するチャンスといえるかもしれません。
事業だけではなく、個人としても金利の低い時に住宅の取得やリフォーム、車の買い替え等の高額費用が発生する大型消費のチャンスでしょう。
銀行からの融資を利用することになります。
特に最近住宅ローンの金利が下がっています。
新築だけではなく、リフォームにも利用できるようです。
住宅ローンが10年以上残っている場合は借り換えを検討してみる価値はあるようです。
借り換えにより金利が1%下がれば手数料を差し引いてもメリットがあるようです。
借り換えにより浮いた資金でリフォームをするケースも多くその資金も住宅ローンの扱いとする金融機関もあります。
融資を利用して生活を豊かにすることができます。
企業にとっても業績拡大するには資金が必要です。
安定した資金調達がなければ事業の継続や拡大は難しいといえるかもしれません。
融資により、企業が業績を上げ、景気がよくなることが金融機関の役割ともいえます。